オープンソースERPの紹介 Adempiere

情報処理技術で横浜の地域企業を全力支援新する横浜の技術者ネットワーク 支援屋ver2

支援屋 ver2
このページは支援屋ver2の活動の中核であるオープンソースERPの機能を紹介していくページです。紹介する製品サイトでの紹介文だけにとどまらず、実際に製品をインストールして機能テストをした結果、どのような業種、業態、業務に適合するのか、はたまた現行リリース版から何を強化すべきなのか、さらには導入までにどのくらいの期間と費用をかけるのが適切なのかまで 検証していきたいと思います。併設のブログ 「オープンソースERPを導入...」シリーズと相互に補完する情報にしていきます。ERP導入を検討する上での参考になれれば幸いです。
支援屋 トップページへ支援屋について支援屋へメールする
Adempiereの概要 製品サイト→ADempiere ERP+CRM 体験デモ
Adempiere 全体イメージ
Adempiere概要イメージ
Adempiereの機能 
Adempiereの機能(製品サイトからの引用)
機能名 説明
取引先管理 仕入先、顧客(販売先)、従業員の3つを「取引先」として、登録・管理することができます。 各取引先の与信情報を、販売管理、購買管理の機能と連動して管理することができます。
購買管理 商品の見積、発注、仕入(受入)などを管理することができます。
発注や仕入の状態により在庫情報が自動で更新されます。
各データを完了状態にすると、仕訳データを送信することができます。
また、製品、取引先、日付等を条件にして売上高等のレポートを生成することもできます
販売管理 商品の受注、在庫の予約(引当)、出荷、請求などの管理をすることができます。
購買管理と同様に、仕訳データの送信やレポートの生成ができます。
製品管理 材料を含む、取り扱っている製品を登録・管理することが出来ます。
※製品構成(BOM)いけます
在庫管理 製品の受入による在庫の増加、
出荷による在庫の減少などをシステムで管理することが出来ます。
レポート出力 Adempiereに登録したデータをレポートとして出力することが出来ます。
レポートにはAdempiere独自のレポート機能とJasperReportsを使ったレポート機能があります。
JasperReportsを使ったレポート機能では、iReportsというGUIツールを使ってレポートのフォーマットを作成できます。
財務諸表出力 記録した仕入、販売などのデータを基にして貸借対照表と損益計算書を出力することが出来ます。
多言語対応、複数通貨対応 ログイン時に表示言語を選択することができます。通貨の変換レートを設定すれば、複数の通貨で表示を行うことが出来ます。
ウェブベースのユーザーインターフェイス ZKというajaxフレームワークを使った、ブラウザからアクセスできるUI(ユーザーインターフェース)を利用することが出来ます。
既存のJavaベースクライアントとほぼ同等の機能があります。
JavaベースクライアントとZK Web UIのどちらも、複数の人が同時にデータ入力などの作業することが出来ます。
POS(position of sales)機能 Posterita アルファ版
MRP(資材所要量計画)機能 Libelo MRP アルファ版
給与管理 Libelo HR アルファ版
ちょっとさわってみる java console
ログイン
Adempiereログイン画面
最初の画面 パフォーマンスグラフ?
Adempiere 成績タブ
初期メニュー
Adempiere メニュータブ
プロジェクト管理に資産ですと?気になる。プロジェクト管理をドリルダウンしてみよう。
Adempiere メニュー プロジェクト管理
プロジェクト管理のセットアップと使用ってなんだろう?
Adempiere プロジェクト管理セットアップ 作業フロー
セットアップ手順の作業フロー図ですね。これはすごい。ここから「プロジェクトタイプ」を選択すると
プロジェクトタイプ 一覧表示
プロジェクトタイプがリスト表示されるんですね。このリストから4行目をクリックして拡がるボタンを押してみましょう。
プロジェクトタイプ メンテナンス画面
もう一度リスト画面に戻します。(リストボタンを押す)
プロジェクトタイプ メンテナンス画面 更新後
なるほど。オブジェクト指向の設計ですね。さらにサービス指向なのかもしれません。
操作援助 ヘルプ機能
Adempiere ヘルプ窓 取引先
f1押すとヘルプウィンドウが開きます。今どき当たり前?いえいえ日本製の某ソフトウェアは装備できていませんから。
Adempiereの概要とちょっとした操作感 感じていただけましたたでしょうか?次回から各アプリケーション機能について掘り下げてみたいと思います。

..

バージョンアップ進捗率  51%   くらい