オープンソースERPの紹介 Adempiere 003

情報処理技術で横浜の地域企業を全力支援新する横浜の技術者ネットワーク 支援屋ver2

支援屋 ver2
このページは支援屋ver2の活動の中核であるオープンソースERPの機能を紹介していくページです。紹介する製品サイトでの紹介文だけにとどまらず、実際に製品をインストールして機能テストをした結果、どのような業種、業態、業務に適合するのか、はたまた現行リリース版から何を強化すべきなのか、さらには導入までにどのくらいの期間と費用をかけるのが適切なのかまで 検証していきたいと思います。併設のブログ 「オープンソースERPを導入...」シリーズと相互に補完する情報にしていきます。ERP導入を検討する上での参考になれれば幸いです。
Adempiereの概要 製品サイト→ADempiere ERP+CRM 体験デモ
Adempiere 機能紹介 本日のメニュー 取引先管理 後編
Adempiere概要図 取引先管理にスコープ
Adempiere作業フロー 取引先にスコープ
さわってみる java console
取引先
機能説明取引先をメンテナンスします。 取引先ウィンドウは、商取引を行うすべての経済主体を定義します。これは得意先、仕入先、および従業員のことです。製品の入力やインポートをする前に、仕入先を定義する必要があります。受注を生成する前に、得意先を定義する必要があります。このウィンドウは、取引先に関するすべての情報を保持します。また、入力された値は、すべての伝票取引を生成するために使用されます。
取引先メンテナンス画面 一覧表示   
まず得意先を一件登録してみる
取引先タブ取引先メンテナンス 取引先TAB   
小窓あれこれ信用状態リストボックス 電卓? さりげに便利組織をリンク 少し謎めいた動作? エディタ html表示も可 値の設定 なんだろう?   
気になるフィールド 概要レベル 税金ID(日本型消費税はどうやって設定?)参照番号 DUNSなんだこれ? 見通しCRM用フィールド?   x1000における売上→売上高(/1000)のがいいような
得意先タブ→得意先会計タブ取引先メンテナンス 得意先TAB    取引先メンテナンス 得意先会計TAB
メモ複数得意先を1本の請求にまとめることはできるのかな?例えばA支店と取引、B支店とも取引 請求は本店にとか
と思ったらこれか?↓
取引先関係
販売請求のテストをするときにでも検証してみましょう
勘定科目とかを日本風に直すのは会期設定の回で忘れずに 通貨も変える 組織も新設する できればクライアント(会社)も
銀行タブ→住所タブ→連絡先タブ→取引先アクセス取引先メンテナンス 銀行TAB    取引先メンテナンス 住所TAB    取引先メンテナンス 連絡先TAB 取引先メンテナンス 取引先アクセスTAB
メモWeb取引 めちゃくちゃ意識して作ってるっぽいな。関心地域は取りあえずデータが揃うまでは役にたたないはずなので当面放置の方向で。
次 従業員を一件登録してみる
取引先タブ→従業員タブ取引先メンテナンス 取引先TAB従業員    取引先メンテナンス 従業員TAB
メモ何も言うことはない!次いってみよ
次 仕入先を一件登録してみる
取引先タブ→仕入先タブ→仕入先会計タブ取引先メンテナンス 取引先TAB仕入先    取引先メンテナンス 仕入先TAB 取引先メンテナンス 仕入先TAB
メモ銀行、住所は省略 発注書印刷とかで使うかも
あ!コード設計めちゃくちゃだー!スクラッチするときにちゃんとやろう
次 その他機能 取引先
妥当性検証、取引先組織、対応する伝票取引先の妥当性検証    取引先組織 対応する伝票
メモこれらの研究は後回しだな。あと、ウェブとかサービスとか要望とか興味そそられるネタがまだまだいっぱいあるのですが、これらは「取引先管理 上級編」あたりでやりましょう。とりあえず取引先管理 前編後編まで終了です。
今日はここまでです。次回は...やっぱ会計設定あたりやらないとかなぁ。今の設定で販売管理がまともに動けば販売管理やります。会計設定をちゃんとしないと動かないようだったらあきらめて会計設定をやりましょう。

..

バージョンアップ進捗率  32%   くらい